安本卓史のブログ 2018.12月分

[12.24 no.811] イブ・ディナー
12.24安本ブログ1
@毎年恒例化してきたイブの自宅ディナーは、

近所のスーパーへ夫婦で買い出しに。

好きなものが共通しているので、選ぶのが簡単。

ローストビーフ・骨付きチキン・生牡蠣・パエリアは外さない。

ワインは最近日本のものを飲むようになり、

酸化防止剤不使用が定番となっている。

今年もゆっくりとイブの夜を過ごすことができました(^_^)





[12.22 no.810] 五人のサンタ

@我が家には五人のサンタがいる。

背高のっぽサンタ、筋肉マッチョサンタ、太っちょサンタなどなど。

今年新しく加わったサンタは一人。

それぞれがキャラ立ちしている。

では一人づつ紹介しようと思う。
12.23安本ブログ1⇑ 一人目は、足を広げてすっくと立つ筋肉マッチョサンタ(赤い服)。

畏風堂々と西洋の騎士的雰囲気を醸している。
12.23安本ブログ2⇑ 二人目は、リースの上にひょっこり座る小人サンタ。

プレゼントが重いのか、ちょっと辛そうな表情だ。
12.23安本ブログ3⇑ 三人目は、玄関に掛けてあるアイアンリースのマッチ棒サンタ。

スケート靴を履いているところが面白い。
12.23安本ブログ4⇑ 四人目は、リビングチェアに腰を掛ける背高のっぽサンタ。

いつも座っているから、かなりの御高齢なんだろう。
12.23安本ブログ5⇑ 五人目は、テレビラックの下にいる太っちょサンタ。

彼は新入りだが、一番目立っている。

家の中を和ませてくれるお笑い系の存在だ。

皆それぞれ家のあちこちに置いてある。
12.23安本ブログ6⇑ そして、今年新しく玄関入って正面に飾っているポーランド食器のツリープレート。

花弁は桜模様、中央の柄はツリーと思いきや孔雀を描いている。
12.23安本ブログ7⇑ 最後は、陶芸作家が作った陶器のクリスマスツリー。

ツリーの中にキャンドルを入れられる。


今年買い足したクリスマスグッズは幾つかあったが、

どれも陶器製で出来ている。

マイブームのスリップウェアが、そのままクリスマスグッズに

流れ込んだということだろう。

「もうこれ以上買わないで」と何処かから聞こえてきそうだ(笑)。





[12.21 no.809] 男の料理が完成!
12.21安本ブログ1
@先日、実家から沢山のプチトマトが届いたので、

久しぶりに僕が料理をしてみた。

男の料理は形から入ることが多い。

食材や器、調理道具にこだわり過ぎるきらいがある。
12.21安本ブログ2
食材には、鶏肉のモモ(名古屋コーチン)、ニンニク(青森県田子町産)、

オーガニックハーブ、黒酢、メープルシロップ、岩塩、胡椒と

こだわり抜いた素材でトマトスープを作ってみた。
12.21安本ブログ3
お皿は、最近購入した齊藤十郎氏のスリップウェア(皿)。

今、日本で一番カッコイイお皿を作る陶芸作家だと僕は思っている。

手持ちのスリップウェアは先月のブログですでに紹介済だが、

その写真以外の一枚になるお気に入り皿です。
12.21安本ブログ4
そして、鍋はパールグリーンのバーミキュラを使用。

もうこの食材、器、道具が揃えば、誰が作っても美味しいこと間違いないです!(^_^)





[12.20 no.808] 年に一回の静岡市交流会
12.20安本ブログ1
@昨日は年に一回の「静岡市交流会」に参加。

昨年と同様、東京プリンスホテルで開催された。

言わば静岡市交流会関東地区大会みたいなものかな。

写真は静岡高校の同級生ばかり。

現・静岡市長が高校の同級生とあって、

毎年多くの同級生が集まるということです。

この後に同級生主催の二次会があり、市長も顔を出すと言ってましたね。

僕らの学年の同級生は、ほんと皆仲がいい。

野球部の応援、バーベキュー、同級生主催セミナー、カラオケ等と、

事あるごとに集い、語らい、笑い、、、楽しんでいるようだ。

ちなみに、一番左のオジサンは釣りをしているわけではありません。

この人、地元で立派に予備校を経営しています(笑)





[12.17 no.807] 高校の同級生「片山」
12.17安本ブログ1
@先週末、地元静岡で高校野球部の同窓会に出席したので、

その前に私がお世話になっている片山米店へご挨拶。

店主は高校の同級生の片山。

毎月通販(アマゾン)でお米を送ってもらい、美味しく頂いている。

今回は片山の奥様にも会うことが出来て、ほんとに良かった!(^_^)





[12.14 no.806] 人気ファッションイラスト作家さんの個展へ
12.14安本ブログ1
12.14安本ブログ2⇑ 自宅のリビングに飾っています。


@先日、人気ファッションイラスト作家Samille(さみぃゆ)さんの個展にお邪魔しました。

Samilleさんとはプロデューサーの北川さんを通じてお知り合いになり、

以前、横浜でのイベントへ挨拶に行って以来、今回が二回目のご対面。

画廊に到着するやいなやポートレート用のポーズをリクエストされ、

いざ制作に入って一時間もしないうちに完成、もう作業が早い早い!

まさに「早い」「上手い」「カッコイイ」の吉野家ばりの手際良さ。

センスはもちろん、作業の早さは、なかなか真似できない技でしょう。

イラストを描く時の素となるアイデアソースはと聞くと「直感あるのみ!」といった返事にびっくり。

女性ならではの繊細でしなやかなインスピレーションが全開です。

デビューしてまだ一年だというのにビッグクライアントから次々とオファーが。

銀座近くに来られる方は必見の価値ありますよ。

12/16日まで開催されてますので是非!!

12.14安本ブログ3⇑ 以前、ポーズの参考例としてお手伝いしたものが、こんな形になりました。






人気ブログランキングへ

<コメント・感想等は、こちらから。>

[ブログ / バックナンバー]

2018年11月 ( no.804~805 )
2018年9月 ( no.803 )
2018年8月 ( no.802 )
2018年7月 ( no.801 )
2018年6月 ( no.800 )
2018年5月 ( no.797~798 )
2018年4月 ( no.795~796 )
2018年3月 ( no.793~794 )
2018年2月 ( no.790~792 )
2018年1月 ( no.788~789 )
2017年12月 ( no.786~787 )
2017年11月 ( no.782~785 )
2017年10月 ( no.779~781 )
2017年9月 ( no.777~778 )
2017年7月 ( no.772~776 )
2017年6月 ( no.766~771 )
2017年5月 ( no.763~765 )
2017年4月 ( no.760~762 )
2017年3月 ( no.752~759 )
2017年2月 ( no.750~751 )
2017年1月 ( no.746~749 )
2016年12月 ( no.743~745 )
2016年11月 ( no.739~742 )
2016年10月 ( no.736~738 )
2016年9月 ( no.735 )
2016年8月 ( no.733~734 )
2016年7月 ( no.731~732 )
2016年6月 ( no.726~730 )
2016年5月 ( no.720~725 )
2016年3月 ( no.714~719 )
2016年2月 ( no.710~713 )
2016年1月 ( no.703~709 )
2015年12月 ( no.698~702 )
2015年11月 ( no.690~697 )
2015年10月 ( no.685~689 )
2015年9月 ( no.681~684 )
2015年7月 ( no.678~680 )
2015年6月 ( no.676~677 )
2015年5月 ( no.670~675 )
2015年4月 ( no.668~669 )
2015年3月 ( no.664~667 )
2015年2月 ( no.658~663 )
2015年1月 ( no.653~657 )
2014年12月 ( no.650~652 )
2014年11月 ( no.647~649 )
2014年10月 ( no.641~646 )
2014年9月 ( no.636~640 )
2014年8月 ( no.631~635 )
2014年7月 ( no.624~630 )
2014年6月 ( no.621~623 )
2014年5月 ( no.620~621 )
2014年4月 ( no.617~619 )
2014年3月 ( no.613~616 )
2014年2月 ( no.608~612 )
2014年1月 ( no.604~607 )
2013年12月 ( no.602~603 )
2013年11月 ( no.599~601 )
2013年10月 ( no.593~598 )
2013年9月 ( no.588~592 )
2013年8月 ( no.586~587 )
2013年7月 ( no.578~585 )
2013年6月 ( no.574~577 )
2013年5月 ( no.567~573 )
2013年4月 ( no.562~566 )
2013年3月 ( no.552~561 )
2013年2月 ( no.541~551 )
2013年1月 ( no.533~540 )
2012年12月 ( no.522~532 )
2012年11月 ( no.512~521 )
2012年10月 ( no.494~511 )
2012年9月 ( no.482~493 )
2012年8月 ( no.461~481 )
2012年7月 ( no.449~460 )
2012年6月 ( no.428~448 )
2012年5月 ( no.416~427 )
2012年4月 ( no.400~415 )
2012年3月 ( no.381~399 )
2012年2月 ( no.359~380 )
2012年1月 ( no.344~358 )
2011年12月 ( no.331~343 )
2011年11月 ( no.316~330 )
2011年10月 ( no.299~315 )
2011年9月 ( no.283~298 )
2011年8月 ( no.267~282 )
2011年7月 ( no.251~266 )
2011年6月 ( no.244~250 )
2011年5月 ( no.228~243 )
2011年4月 ( no.201~227 )
2011年3月 ( no.174~200 )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>