Vol.08 【PLATOY : プラトーイ】


Photo:デザイナー 石渡 旭氏

よっ、待ってました大統領!と言いたくなるような日本人メガネデザイナーが2009年にPLATOYブランドを誕生させております。
 
僕自身初めて見た時は、「なんだこりゃ!(松田優作風)」といった驚きでしたね。斬新奇抜、モダンデザインの懐古(1950年前後の作品)、オトナの遊びゴコロ、アク丸出し、ポップでマンガチック…どんな言葉で表現したら良いのか迷ってしまう程のユニークさです。
 
デザイナー石渡旭氏の世界観は、アランミクリの流れを汲むだけあって、フレームのライン取り、そして、本物セルロイドを使ったマーブル生地の表現方法等が、どことなく巨匠ミクリの系譜と感じ取れます。
 
このメガネフレームを好む方は、たぶん相当なメガネ好きであり、自分のキャラを良くご存知の方なのでしょう。メガネに主張を持たせながらも、掛ける本人自身のキャラ演出の生かし方を熟知した、かなりの洒落者なのかと推察させてくれます。
 
いつか石渡氏のデザインエッセンスが呼応するかのように、こんなユニークフレーム達が世の中に溢れ出したら、きっと日本人男性(僕自身を含め)もパリジャンやイタリアオヤジに肩を並べるような多くの洒落者達を街で見かけることになるだろうと夢が膨らみます。
 
これからのプラトーイの成長は、他の日本人メガネデザイナーへのカンフル剤となることを期待しつつ、益々の活躍が楽しみなブランドです。(2012.10)

【NO.01 PLATOY TeA】


【NO.02 PLATOY GLAMOUR BL】


【NO.03 PLATOY GLAMOUR BR】


Photo:僕がプラトーイを掛けると、こんな感じになります。(NO.01)


Photo:僕がプラトーイを掛けると、こんな感じになります。(NO.02)


Photo:僕がプラトーイを掛けると、こんな感じになります。 (NO.03)



トップページ 【お気に入りのメガネブランドを考察】

Vol.01 【TOM FORD:トム・フォード】

Vol.02 【alain mikli :アラン・ミクリ】

Vol.03 【Jean Paul GAULTIER :ジャンポール・ゴルチエ】

Vol.04 【RAY-BAN :レイバン】

Vol.05 【OLIVER PEOPLES :オリバーピープルズ】

Vol.06 【GIORGIO ARMANI :ジョルジオ・アルマーニ】

Vol.07 【Ralph Lauren : ラルフ・ローレン】

Vol.08 【PLATOY : プラトーイ】

Vol.09 【Christian Dior monsieur : クリスチャン・ディオール ムッシュ】

Vol.10 【Persol : ペルソール】

Vol.11 【OLIVER GOLDSMITH:オリバー・ゴールドスミス】

Vol.12 【GIANFRANCO FERRE:ジャンフランコ・フェレ】

Vol.13 【LINDA FARROW:リンダ・ファロー】

Vol.14 【BADA:バダ】

Vol.15 【Vue dc:ヴュー ドゥーシー】

Vol.16 【GIANNI VERSACE:ジャンニ・ヴェルサーチ】

Vol.17 【L.A.Eyeworks:エル・エー・アイ・ワークス】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>