安本卓史のブログ

安本ブログ 表紙↑ LIVING ROOM IN MY HOME

★〔Instagram〕2020.10月~始める。心地よいを求めて。審美眼を磨きたい。

★最新コラム情報:VOL.120 [美の源泉]2021.05.09掲載

安本卓史は、人気ブログランキングに参加しています!

[01.12 no.837] 癒し始めは箱根から♨

先日、箱根湯本の旅館へ一泊してきました。

ちょうどGO TOキャンペーンも一時ストップした時でしたので、

旅館予約も年末にサクッと取れました。

今回訪れたのは、隠れ家的な小旅館「きんとうえん」

何年か前に全リニューアルをして、一新した綺麗なお宿でした。
01.12安本ブログ1

チェックイン前にランチを「はつ花」で腹ごしらえ。

名物の「とろろ蕎麦」は、絶品な味です!
01.12安本ブログ2
01.12安本ブログ3

チェックイン後は、貸切風呂で癒し始め~♨

01.12安本ブログ4

翌日は、箱根神社を参拝してから帰ることにしました。

今回は大行列もなく参拝ができラッキー!!

01.12安本ブログ5

参拝の後は、御殿場アウトレットに寄ろうかとも考えたのですが、

妻の「もう帰ろう!」の一言で、

寄り道せづに帰ることにしました(^_^)





[01.01 no.836] 新年のご挨拶
01.01安本ブログ1⇑ 自宅から眺めた元旦の夕景(中央に富士山)

明けましておめでとうございます。

☆2021年のテーマ☆

人はなぜ服を着るのか、
人はなぜ物を買うのか、
買い手の目線に立って物事を考えてみる。

いつも撮影中は、クライアントの要求、ディレクターの指示
だけに専念して動いていた自分をもう一度初心にかえり、
商品の良い点を理解した上でカメラ前に立つ。
これは簡単のようで、非常に難しい。
嘘をつかず、ただただ淡々と、ただただ実直に。
自分に与えられた仕事・役柄に全集中して取り組む。

そんなのは当たり前の事のように見えて、
実際は機械作業のように
言われた事をこなすだけになってしまっている。

「積小為大」という二宮尊徳の言葉があるが、
まさに、当たり前の小さな事も、
コツコツと積み重ねていれば、
いつかきっと大きな成果を生むことになる。

今年は未曽有な年となる予感がしますので、
何があっても気を引き締めて、動揺せず、
前をしっかり向いて歩んで参りたいと思います。

本年も縁ある皆様の
ご指導・ご鞭撻・ご愛顧のほどを
どうぞ宜しくお願い申しあげます。

2021年 元旦






人気ブログランキングへ

<コメント・感想等は、こちらから。>

[ブログ / バックナンバー]

2020年11月 ( no.834~835)
2020年10月 ( no.830~833)
2020年5月 ( no.828~829)
2020年2月 ( no.827)
2020年1月 ( no.826)
2019年10月 ( no.825)
2019年8月 ( no.824)
2019年7月 ( no.823)
2019年5月 ( no.820~822)
2019年4月 ( no.819)
2019年2月 ( no.817~818 )
2019年1月 ( no.812~816 )
2018年12月 ( no.806~811 )
2018年11月 ( no.804~805 )
2018年9月 ( no.803 )
2018年8月 ( no.802 )
2018年7月 ( no.801 )
2018年6月 ( no.800 )
2018年5月 ( no.797~798 )
2018年4月 ( no.795~796 )
2018年3月 ( no.793~794 )
2018年2月 ( no.790~792 )
2018年1月 ( no.788~789 )
2017年12月 ( no.786~787 )
2017年11月 ( no.782~785 )
2017年10月 ( no.779~781 )
2017年9月 ( no.777~778 )
2017年7月 ( no.772~776 )
2017年6月 ( no.766~771 )
2017年5月 ( no.763~765 )
2017年4月 ( no.760~762 )
2017年3月 ( no.752~759 )
2017年2月 ( no.750~751 )
2017年1月 ( no.746~749 )
2016年12月 ( no.743~745 )
2016年11月 ( no.739~742 )
2016年10月 ( no.736~738 )
2016年9月 ( no.735 )
2016年8月 ( no.733~734 )
2016年7月 ( no.731~732 )
2016年6月 ( no.726~730 )
2016年5月 ( no.720~725 )
2016年3月 ( no.714~719 )
2016年2月 ( no.710~713 )
2016年1月 ( no.703~709 )
2015年12月 ( no.698~702 )
2015年11月 ( no.690~697 )
2015年10月 ( no.685~689 )
2015年9月 ( no.681~684 )
2015年7月 ( no.678~680 )
2015年6月 ( no.676~677 )
2015年5月 ( no.670~675 )
2015年4月 ( no.668~669 )
2015年3月 ( no.664~667 )
2015年2月 ( no.658~663 )
2015年1月 ( no.653~657 )
2014年12月 ( no.650~652 )
2014年11月 ( no.647~649 )
2014年10月 ( no.641~646 )
2014年9月 ( no.636~640 )
2014年8月 ( no.631~635 )
2014年7月 ( no.624~630 )
2014年6月 ( no.621~623 )
2014年5月 ( no.620~621 )
2014年4月 ( no.617~619 )
2014年3月 ( no.613~616 )
2014年2月 ( no.608~612 )
2014年1月 ( no.604~607 )
2013年12月 ( no.602~603 )
2013年11月 ( no.599~601 )
2013年10月 ( no.593~598 )
2013年9月 ( no.588~592 )
2013年8月 ( no.586~587 )
2013年7月 ( no.578~585 )
2013年6月 ( no.574~577 )
2013年5月 ( no.567~573 )
2013年4月 ( no.562~566 )
2013年3月 ( no.552~561 )
2013年2月 ( no.541~551 )
2013年1月 ( no.533~540 )
2012年12月 ( no.522~532 )
2012年11月 ( no.512~521 )
2012年10月 ( no.494~511 )
2012年9月 ( no.482~493 )
2012年8月 ( no.461~481 )
2012年7月 ( no.449~460 )
2012年6月 ( no.428~448 )
2012年5月 ( no.416~427 )
2012年4月 ( no.400~415 )
2012年3月 ( no.381~399 )
2012年2月 ( no.359~380 )
2012年1月 ( no.344~358 )
2011年12月 ( no.331~343 )
2011年11月 ( no.316~330 )
2011年10月 ( no.299~315 )
2011年9月 ( no.283~298 )
2011年8月 ( no.267~282 )
2011年7月 ( no.251~266 )
2011年6月 ( no.244~250 )
2011年5月 ( no.228~243 )
2011年4月 ( no.201~227 )
2011年3月 ( no.174~200 )