眼鏡素敵人(めがねすてきびと)


Photo:マリリン・モンロー&デビッド·ウェイン

ここでは素敵なメガネ・サングラスを掛けている方々を、メガネコレクター安本卓史がフューチャーしています。
登場して下さっている方々は、実際にお会いして撮影させてもらいました。皆さん洗練されている眼鏡素敵人(めがねすてきびと)ばかりです(⌒▽⌒)
2012.7月よりスタートしましたので、どうぞ宜しくお願いします! 
Changing the glasses, and enjoy more !!


メガネ選びのすすめ 〇-〇¬ | Facebookページも宣伝


メガネ・サングラス ブログランキングへ


【素敵ファイル No.41】
【素敵ファイル No.41】

【眼鏡素敵人】 中須 浩毅さん(ファッションエディター)

【サングラスブランド】クラフツマンシップ(白山眼鏡の白山将視氏が作ったブランド)   

【サングラスポイント】 中須さんはこのコーナーには二回目の御登場です。このフレームは、およそ34年ぐらい前に白山眼鏡の白山将視氏が独立した時に作られたヴィンテージサングラス。今掛けても全く古さを感じさせないデザインであります。(撮影日 2014.08.04)



【素敵ファイル No.40】
素敵ファイル No.40

【眼鏡素敵人】 山崎 達也さん(友人/ヘッドスパ経営)

【メガネブランド】 アラン・ミクリ 

【安本コメント】 真紅をベースに灰色を混ぜ込んだフレームカラーは、ミクリにしか出来ないマーブルマジックなのかもしれない。そんなキワモノメガネを難なく掛けこなす眼鏡人は、日本人ではそうそういないだろう。お見事!としか言いようがないぐらいのセンスの持ち主だ。(撮影日 2014.07.04)




【素敵ファイル No.39】


【眼鏡素敵人】 橋本 健一郎さん(友人/ビジネスマン)

【メガネブランド】 イブ サンローラン 

【安本コメント】 このフレームのアイコンは、テンプル部分にメタルが施されている。そして、鯖江で作られているとあって光沢感がイタリア製とは少し輝きが違う感じもあります。橋本さんは、オシャレメガネの愛用家として有名であり、服に合わせてメガネも着替えているのでしょうか。このメガネは、スタイリストさんにメガネコーディネートしてもらった一品と聞いております。(撮影日 2014.05.01)





【素敵ファイル No.38】


【眼鏡素敵人】 馬場 丈雅さん(ビンテージウェア・オーナー)

【メガネブランド】 masahiro maruyama 

【安本コメント】 このフレーム、よーく見ると左右のフレームデザインが違う非対称メガネ(テンプル部分も)なんですね。教えて下さるまで気付かなかったです。馬場さんは、かなりのメガネ通とお見受けしますが、ファッションセンスも流石でした。日本人メガネデザイナーも新進気鋭な方が続々と登場していることに、自身嬉しさを感じました。(撮影日 2014.04.30)





【素敵ファイル No.37】


【眼鏡素敵人】 山崎 裕也さん(友人/ビジネスマン)

【メガネブランド】 トム フォード 

【安本コメント】 最近、サンフランシスコで購入したというトムフォードのティアドロップ型。アイコンの「T」がなく、フレームも艶消し加工され、本来のトムフォードの尖がり感を消し込んだ渋いサングラスですね。テンプルのメタル部分を見て、メガネ通の人ならすぐに分かる、なんともオトナなサングラスでした。(撮影日 2014.05.01)





【素敵ファイル No.36】


【眼鏡素敵人】 成山 明実さん(友人/セレクトショップ・オーナー)

【メガネブランド】 タート アーネル 

【安本コメント】 このフレームは、ジョニーディップ愛用のタートアーネルの復刻版じゃないですか。現在は福井県鯖江市で見事に再現され販売されております。女性がタートアーネルを掛けるというのは、かなりメガネ偏差値の高いお方とうかがえますね!(撮影日 2014.05.01)





【素敵ファイル No.35】


【眼鏡素敵人】 三宅 郁子さん(友人/神戸在住)

【メガネブランド】 不明 

【安本コメント】 このフレームデザインは日本人男性が好むスクエアタイプ。知的な雰囲気を醸し出してくれます。フレームのブルーカラーが女性の大人可愛さをプラスさせ、バランスのいいメガネだと思います。ナイススマ~イル!^^(撮影日 2012.11.30)





【素敵ファイル No.34】


【眼鏡素敵人】 山崎 由紀さん(友人/ヘアーサロン・オーナー)

【メガネブランド】 トム フォード 

【安本コメント】 このフレームカラーは2012年トレンドの鼈甲柄。今夏に行ったサンフランシスコで購入とのこと。分かる人にはすぐ分かる、ちょっとキャッツアイ風のトムフォードラインです。ヘアーカラーが明るめなので、フレームカラーとピッタリですね!(撮影日 2012.11.30)





【素敵ファイル No.33】


【眼鏡素敵人】 佐藤 恵子さん(スタイリスト)

【メガネブランド】 J.F.Rey 

【安本コメント】 この個性派メガネは僕も二つ程持っておりますが、フレームラインが細めで面白いデザインが特徴なんです。佐藤さんのフレームは、まるでメガネを逆さに掛けている錯覚を起こさせるユニークなテンプルデザインなんですね。(撮影日 2012.10.19)





【素敵ファイル No.32】


【眼鏡素敵人】 大野 由美子さん(モデル)

【メガネブランド】 シャネル 

【安本コメント】 大野さんはシャネルサングラスの愛好家。女性のモデルさんにサングラス・シャネラーが多いのは、やはり女性のフェイスを大人可愛く演出してくれるからなのでしょうか。テンプル部分(サイド)にリボンが付いています。(撮影日 2012.10.09)





【素敵ファイル No.31】


【眼鏡素敵人】 武内 俊明さん(カメラマン)

【メガネブランド】 アラン・ミクリ 

【安本コメント】 武内さんは今回二度目のご登場です。前回のアルマーニに続き、今回も個性豊かなフレームです。このミクリは15年位前のものらしいです。ミクリはやっぱりいいな~とつくづく思わせてくれる逸品です。(撮影日 2012.10.09)





【素敵ファイル No.30】


【眼鏡素敵人】 石橋 ふみさん(モデル)

【メガネブランド】 シャネル 

【安本コメント】 石橋さんは、このコーナー二度目のご登場です。前回に引き続き、今回もシャネルでございます。石橋さん曰く、「シャネルは、粋で可愛いところが好き!」と。シャネルはモード一色ではなく、女性の乙女心を擽るデザインがプラスされている所がいいんですね。(撮影日 2012.10.03)





【素敵ファイル No.29】


【眼鏡素敵人】 菅原 恭一さん(カメラマン)

【メガネブランド】 ベルサス(ベルサーチの兄弟ブランド) 

【安本コメント】 菅原さんぐらいのお歳でこのような赤が似合う方は、そうはいません。メガネのテンプル部分にはゴールドメタルをあしらった上品なデザイン。カメラマンさんならではの色彩感覚であります。(撮影日 2012.10.03)





【素敵ファイル No.28】


【眼鏡素敵人】 中田 あすみ さん(モデル)

【メガネブランド】 レイバン 

【安本コメント】 お顏に似合わずハードな雰囲気のレイバン・ブラックウェイファーラー。若者に絶大な人気フレームです。これを掛けて街を歩いていたら、軟派なお兄さんも声を掛けずらいかもしれませんよね!魔除け!?^^;(撮影日 2012.09.13)





【素敵ファイル No.27】


【眼鏡素敵人】 上岡 千恵さん(モデル)

【メガネブランド】 アパレルメーカー製のサングラス 

【安本コメント】 以前はブランドサングラスを愛用されていて、最近は自分に合ったヨロシイものが見つからないとお悩みとのこと。そんな中、ふと見つけたのがこのサングラス。アンニュイなフレームカラーが大人仕様です。(撮影日 2012.09.13)





【素敵ファイル No.26】


【眼鏡素敵人】 嶺井 淳さん(スタイリスト)

【メガネブランド】 H-FUSION(エイチ フュージョン)

【安本コメント】 よーく見るとこのフレームカラーはネイビー(紺)なんですね。黒ブチよりも、幾分優しい雰囲気が出て、色々な洋服スタイルにも対応できるとのこと。プロが選ぶフレームなだけに参考になります。H-FUSIONはイエローズプラスと同じデザイナーなんです。(撮影日 2012.09.07)





【素敵ファイル No.25】


【眼鏡素敵人】 宮崎 健朗さん(美容師)

【メガネブランド】 トム フォード

【安本コメント】 実は僕もこのメガネは色違いで何個か持っていますが、掛けている人を見かけたのは初めてなんです。なんか親近感が湧きますね~。フレームカラーは今年の流行カラーの鼈甲柄、ブラッド・ピットも掛けていたということもあり、人気赤丸急上昇じゃないでしょうか。(撮影日 2012.09.07)





【素敵ファイル No.24】


【眼鏡素敵人】 寺本 亜生さん(世界文化社 編集者)

【メガネブランド】 イエローズ プラス 

【安本コメント】 フロントがツートンカラーになっており、レンズはニコン特別仕様を装着とのこと。普通のレンズより視界が広く、歪みが軽減されているらしいです。イエローズプラスは国産メガネブランドであり、ファッション雑誌の撮影小物でもよく使われます。僕的には日本のオリバーピープルといった感じでしょうか。(撮影日 2012.09.07)





【素敵ファイル No.23】


【眼鏡素敵人】 菊池 華代さん(モデル)

【メガネブランド】 Harigan(アパレルサングラス)

【安本コメント】 銀座のセレクトショップで見つけたサングラスとのこと。サイドのスワロフスキーがエレガントで、ちょっぴりハードなサングラス。ヘアースタイルをポニーテールに結んで、デキる女性といった感じで撮らせていただきました。(撮影日 2012.08.30)





【素敵ファイル No.22】


【眼鏡素敵人】 本田 心平さん(広告制作会社)

【メガネブランド】 白山眼鏡店×テンダーロイン

【安本コメント】 白山眼鏡店とアパレルメーカーとのコラボ作品。白山が得意とするボリューミーなフレームに、金属部分をすべてゴールドカラー仕様にした「大人のメガネ」。とってもシブい仕上りです。白山眼鏡店は、個性豊かなフレームをつくる日本を代表するメガネメーカーです。(撮影日 2012.08.30) 





【素敵ファイル No.21】


【眼鏡素敵人】 尾崎 健太郎さん(映像プロデューサー)

【メガネブランド】 クロムハーツ 

【安本コメント】 クロムハーツはニューヨーク発のインパクト絶大なメガネブランド。そして、芸術作品的要素が強い眼鏡であります。何処にもない、誰にも似ていない、オリジナリティー溢れるデザインにセレブ達も首ったけなんでしょうね。(撮影日 2012.08.14) 





【素敵ファイル No.20】


【眼鏡素敵人】 小宮 明子さん(ヘアーメイク)

【メガネブランド】 韓国アパレルメーカーのオリジナル 

【安本コメント】 フロントから見るとインパクトがあるフレームですが、サイドのテンプル部分がメタル素材と面白いデザインです。購入後、鼻止めの処をシリコンゴムで微調整しているのでグッドフィッティングということ。(撮影日 2012.08.09)





【素敵ファイル No.19】


【眼鏡素敵人】 徳永 邦治さん(モデル&俳優)

【メガネブランド】 JUJUBEE level 

【安本コメント】 徳永さんは僕と同じ所属モデル事務所であり、また、ある時は舞台を中心に活躍する俳優さんでもあります。
このメガネブランドは若者を中心に人気があり、現在は廃版とのこと。ヴィンテージテイストたっぷりで、ちょっと大振りなところが受けているのでしょうか。徳さん、スマイルショットなんて、さすが余裕がありますね(^_-)-☆(撮影日 2012.08.09)





【素敵ファイル No.18】


【眼鏡素敵人】 藤田 梨恵さん(広告制作会社 キャスティング)

【メガネブランド】 レイバン

【安本コメント】 レイバンウェイファーラーを女性が掛けると、どことなくロックテイストになります。フレーム柄を濃いマーブルにしているのでちょっと柔らか目になり、とても良い按配加減。ヘアースタイルとメガネの雰囲気がピッタリですね。(撮影日 2012.08.09)





【素敵ファイル No.17】


【眼鏡素敵人】 藤岡 信吾さん(編集者)

【メガネブランド】 999.9(フォーナインズ)  

【安本コメント】 藤岡さんは半年前に999.9から999.9に新調されたということ。最近はフォーナインズを掛けている方をよく見かけるようになりました。掛け心地を追求する企業姿勢は、ホント素晴らしいです。フォーナインズの勢いはまだまだ止まらないようですね。(撮影日2012.08.05)





【素敵ファイル No.16】


【眼鏡素敵人】 松吉 太郎さん(アートディレクター)

【メガネブランド】 アラミス  

【安本コメント】 アラミスは国産眼鏡であり、はじめて掛けている方にお会いしました。よく見せてもらうと、とても凝っているデザインで、モダン部分(耳かけ部分)がマーブル模様のアセテート素材であったり、リム構造もよく整理されたデザインメガネだと思います。(撮影日 2012.08.05)





【素敵ファイル No.15】


【眼鏡素敵人】 中須 浩毅さん(ファッションエディター)

【メガネブランド】 ペルソール  

【安本コメント】 このフレームは、およそ20年ぐらい前のヴィンテージということ。その頃からペルソールを掛けていたというのは流石で御座います。横のテンプルが太い分、ペルソールの意匠マークがいいバランスでデザインされています。(撮影日 2012.08.05)





【素敵ファイル No.14】


【眼鏡素敵人】 武内 俊明さん(カメラマン)

【メガネブランド】 ジョルジョ・アルマーニ  

【安本コメント】 アルマーニのスケルトンシリーズは、なかなかお目にかからない貴重な二色コンビ。僕も武内さんの掛けているこのフレームに刺激されて、去年このシリーズのウェリントンタイプを見つけることができました。丸型レンズは掛けこなすのが難しいタイプですが、武内さんの仕事柄にはピッタリのナイスフレームだと思います。(撮影日 2012.08.05)





【素敵ファイル No.13】


【眼鏡素敵人】 安野 夏代さん(ライトアップショッピングクラブ MD)

【メガネブランド】 オリバーピープル  

【安本コメント】 僕の好きなオリバーピープルの初登場。普通のオーバル型レンズを更に平らにした感じは、どこか全体をクラシカルなイメージにさせてくれます。フレームの色使いもオリバーらしく、ちょっとしたヨロイ部分のワンポイント配色がオシャレ感を演出してくれます。(撮影日 2012.08.05)





【素敵ファイル No.12】


【眼鏡素敵人】 高草木 剛さん(ヘアーメイク)

【メガネブランド】 カトラー アンド グロス  

【安本コメント】 このフレームは、クリアーカラーに淡いチャコールグレーが入った珍しい色。一見、1950年代のアメリカンビンテージメガネかなと思いました。また、それがロンドン発のカトラー アンド グロスに見えないところがミソなんですね!白髪交りのヘアースタイルにとても似合うアーティスティックなメガネです。(撮影日 2012.08.04)





【素敵ファイル No.11】


【眼鏡素敵人】 久保田 裕之くん(モデル)

【メガネブランド】 レイバン 

【安本コメント】 久保田君は同モデル事務所の後輩モデルくん。現在、日本人モデルの中で大活躍!
このサングラスは、ラバータッチ素材を使用した次世代型「ニューウェイファーラー」。従来のシリーズよりレンズ角度を抑え、スリムにしたNEW MODEL。持った感じは軽く、地面に落としても傷つきにくく、色もカーキーとカジュアルシーンでは何にでも合わせやすそう。(撮影日 2012.08.02)





【素敵ファイル No.10】


【眼鏡素敵人】 荻山 尚さん(ファッションエディター)

【メガネブランド】 白山眼鏡店 

【安本コメント】 このフレーム名ハンク(HANK)は、初めてリリースしたのが1975年。荻山さん曰く、復刻版をタイミングよく見つけられたとのことです。このハンクモデルは、白山眼鏡オリジナルフレームのすべての歴史がここから始まったといっても過言ではない記念モデル。武骨と繊細さが交りあう白山イズム、好きですね~。(撮影日 2012.07.29)





【素敵ファイル No.9】


【眼鏡素敵人】 竹内 伊佐夫さん(世界文化社 編集者)

【メガネブランド】 LOZZA 

【安本コメント】 LOZZAはイタリアで誕生した世界最古(1878年)のメガネメーカー。アセテート生地フレームにノーズパッドが組み合わされて、掛け心地が良さそうです。竹内さんのヘアースタイルとウェリントンフレームが、業界人の雰囲気をムンムンさせてくれます。竹内さんは眼鏡Beginを担当されているだけに、これから注目したいメガネブランドですね。(撮影日 2012.07.29)





【素敵ファイル No.8】


【眼鏡素敵人】 石橋 ふみ さん(モデル)

【メガネブランド】 シャネル 

【安本コメント】 フレームがネイビーカラーという珍しい色、また、横のテンプル部分にはシャネルマークのアイコンがリング状になってクルクル回る仕組みが気に入っているとのこと。
今回は、帽子・ブラウス・ネックレス・イヤリング・ストール・サングラスと、ブルー系のトータルファッションのひとつにシャネルサングラスを合わせてみましたと、ふみ先輩(愛称)が解説してくれました。(撮影日 2012.07.20)





【素敵ファイル No.7】


【眼鏡素敵人】 益丸 宗大くん(スタイリスト)

【メガネブランド】 JUJUBEE level red

【安本コメント】 このメガネはオシャレメガネとして掛けているとのこと。益丸くんは、オシャレには相当こだわりを持っているのがうかがえます。現在はアシスタントのポジションですが、いつかBIGになって違う現場でお会いしましょう!(撮影日 2012.07.12)





【素敵ファイル No.6】


【眼鏡素敵人】 YURUKIくん(モデル)

【メガネブランド】 レイバン

【安本コメント】 フレーム全体にホワイトラインが施され、フレーム裏面はウォールナット調カラーになっているところは、確か2~3年前の流行デザインだったと。レイバンの中でもかなり完成度が高いと見ました。彼の拘りポイントは、レンズにミラーコートをかけているところがお気に入りらしいです。(撮影日 2012.07.12)





【素敵ファイル No.5】


【眼鏡素敵人】 宮城 昌江さん(モデル事務所INDIGOのマネージャー)

【メガネブランド】 Max Mara

【安本コメント】 サイドに光るアイコン「M」のスワロフスキーがオシャレ~でした。さすが敏腕マネージャーの風格バリバリです(^_-)-☆(撮影日 2012.07.06) 





【素敵ファイル No.4】


【眼鏡素敵人】 小森 康雄さん(モデル事務所の先輩)

【メガネブランド】 UNITED ARROWSオリジナル

【安本コメント】 スクエアのフレームデザインは、日本人には人気のタイプ。小森さんのような知的なジェントルマンが掛けると、更に品格が際立ちます。(撮影日 2012.07.01)





【素敵ファイル No.3】


【眼鏡素敵人】 森島 久さん(ファッションデザイナー&モデル)

【メガネブランド】 不明(アメリカン・ヴィンテージもの)

【安本コメント】 森島君は、同モデル事務所の後輩さん。僕が眼鏡採集家なら、彼は眼鏡番長といったところでしょうか。眼鏡と洋服(すべて私服)のマッチングがお見事です!
最近では、ヴィンテージ風眼鏡が復刻版として多く発売されておりますが、やはりオリジナルにはメガネデザインのアイデアソースがいっぱい詰まっています。
彼が創出するメガネヴィンテージワールドは、僕が狙う「掛ける人の灰汁(アク)を引き出す効果」にメッチャ通じるものがあります。(撮影日 2012.07.01)





【素敵ファイル No.2】


【眼鏡素敵人】 山内 美恵子さん(友人)

【メガネブランド】 DITA

【安本コメント】 DITAならではの、大振りの丸みのあるカーブがトレードマークのフレームデザイン。DITAカラーは、黒が圧倒的に印象強いのですが、このフレームカラーはとても柔かく上品です。
山内さんは、色々なサングラスをお持ちでして、エレガントな女性が掛けるサングラス選びのお手本みたいな方ですね。(撮影日 2012.07.01)





【素敵ファイル No.1】


【眼鏡素敵人】 妻

【メガネブランド】 アナ スイ

【安本コメント】 茶色フレームのサイドが、白の水玉模様になっており、大人カワイイを強調するデザイン。レンズは茶色のグラデーション。(フランス・ニースの海辺にて…)





【素敵ファイル No.0】


【眼鏡素敵人】 安本 オッさん(メガネコレクター)

【メガネブランド】 不明 

【安本コメント】 これは世の中のことがよく見える魔法のメガネ。よく見え過ぎて目が回るという弊害もありますが. . . 。 


【 メガネ選びのすすめ ∞ 】
メガネコレクター安本卓史の私物メガネをご紹介するコーナーです(現在、158個を掲載)
このメガネバカ、いいメガネには目がね~のです(~_~;)


【 お気に入りのメガネブランドを考察 】
愛用メガネ・サングラスをブランド別に分けて、デザインの嗜好や傾向を考察してみました。


*メガネコラム① VOL .20 [安本流メガネ選びの極意](2010.07.04掲載)

*メガネコラム② VOL .63 [メガネの未来](2011.08.08掲載)←メガネっぽい日

*メガネコラム③ VOL .78 [メガネエイジレス](2012.07.19掲載)

*メガネコラム④ VOL .80 [ヴィンテージメガネを考察](2012.09.21掲載)

*メガネコラム⑤ VOL.91 [コレクターのサガ](2013.6.30掲載)

*メガネコラム⑥ VOL .95 [Zoff vs jins 一本勝負](2013.12.08掲載)

*お洒落眼鏡人のコーナー『 眼鏡素敵人(めがねすてきびと)』

*著名人のお洒落眼鏡人のコーナー『 勝手に「眼鏡採集家」』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>